NCIS season2

(備忘録)

c0252958_164062.jpg


NCIS  ネイビー犯罪捜査班 season2
  
  全23話 2004/9/28~2005/5/24


第1話 「硫黄島の記憶」 Call Of Silence/#24
   NCISに元海兵隊伍長のアーニー・ヨーストという老人が 『仲間の海兵隊員を殺した
    と言って出頭してきた。
   老齢で、夫人を亡くしたばかりの彼の虚言であると考えられたが、法務部から調査を指示される。
   硫黄島で戦死した仲間の遺骨を調べてみると、
      彼の所持していた銃の持ち手部分と頭蓋骨にある傷が一致した。

第2話 「歪んだ愛の行方」 The Good Wives Club/#25
   海軍基地居住区の地下でミイラ化した花嫁姿の死体が発見された。
   部屋は50年代風に飾られており、彼女の傍らには ”良き妻の心得” という雑誌。
   犯人は女性を監禁し、”理想の妻” に仕立てようとしていたと思われた。

第3話 「闇に潜む誘拐犯」 See No Evil/#26
   ワトソン海軍大佐の妻ジルと目の不自由な娘サンディが何者かに誘拐された。
   犯人はコンピュータを介して大佐に軍の特殊作戦用の資金から200万ドルを引き出すよう命じる。
   ギブスの指示のもと大佐は犯人との交渉を決行し、サンディだけが解放されることになったのだが…

第4話 「消えたパイロット」 Vanished/#27
   小さな田舎町に突如現れたミステリーサークルの中で海兵隊のヘリが発見される。
   パイロットのニューウェル大尉ら隊員2名は消息不明に。
   ギブス達は捜査に出向くが、住民の話は不思議な光や家畜の異常行動など、
    超常現象を示唆するものばかり。 そんな中、現場付近の火事跡で焼死体が見つかる。

第5話 「名前のない大尉」 Lt.Jane Doe/#28
   ノーフォーク海軍基地の敷地内で海軍大尉の制服を着た女性の絞殺死体がみつかる。
   検視官ダッキーは現場で遺体の首筋にヤリ形の傷があることに気付く。
   海軍大尉であるはずの彼女の身元はデータベースに存在せず、捜査に行き詰っていると
    ダッキーが現れ、これが10年前に起きたレイプ殺人事件と関係があると告げる。

第6話 「裏切りの代償」 The Bone Yard/#29
   海兵隊の爆撃場で民間人が訓練に巻き込まれて死亡、さらにもう1体の焼死体も発見される。
   死体の指紋から身元を照合しようとした瞬間、何者かによってハッキングされた。
   ハッキングの出所をつきとめるため罠を仕掛けたアビーだったが、出たのはなんとFBIだった。
   FBI捜査官フォーネルの情報により、死亡した男はマフィアに潜入していた覆面捜査官で
    FBI内部のスパイによる情報の漏洩により死亡したと思われた。

第7話 「除隊直前の恐怖」 Terminal Leave/#30
   残り4日で除隊となる海軍少佐ミッキー・シールズの車が何者かによって爆破された。
   彼女にはアフガニスタンの戦闘で誤って民間人を爆撃した過去があり、
     その事によってアルカイダの一派から脅迫を受けていた。
   報復テロの疑いがあるためFBIが捜査を担当し、
     NCISのギブスのチームは少佐と家族の警護を担当することになった。

第8話 「秘められた真実」 Heart Break/#31
   航空母艦ケネディ勤務のドーナン中佐が手術後の病室で爆死するという事件が起きた。
   ケネディに転属していたキャシディ捜査官とともにドーナン中佐の近辺を捜査すると、
    ドーナンを恨んでいたヘイズ少尉が容疑者としてあがり、彼が行方不明であると判明する。
   一方、アビーとダッキーは謎の爆死の原因を突き止めようと分析を進める。

第9話 「逃亡者トニー」 Chained/#32
  移動中の護送車から囚人2名が脱走した。 1人はジェフリー・ホワイト。
    戦争の混乱に乗じてアメリカに運び込まれ、その後海軍の管理下にあったイラクの古美術品を
    盗んだ犯人。 そしてもう1人は、NCISのトニー・ディノッゾ。
   自白を頑に拒むホワイトから美術品の隠し場所を探り出すため、潜入捜査をしていたのだ。

第10話 「偽りの情事」 Forced Entry/#33
    海兵隊基地内の居住区でレイプ未遂事件が発生した。
    犯人デービソンは被害者のローラに撃たれて重体となるが、自分とローラは恋人だったと言う。
    デービソンとローラのパソコンを調べてみると、二人がやり取りしたメールが残されていた上、
     二人は ”レイプ願望” という共通の好みの出会い系サイトで知り合ったことが判明する。

第11話 「湖に沈んだ男」 Black Water/#34
    海軍大尉ブライアン・マカリスターは2年前に失踪し、懸賞金100万ドルがかけられていた。
    懸賞金獲得に多くの人が奔走したものの、結局、未解決事件として処理されていたが、
    有名な私立探偵モンロー・クーパーがブラックレイクの湖底から引き上げられた車の中から
     遺体を発見する。
    大尉が乗っていた車のドアから弾丸が発見されたことで殺人事件と思われた。

第12話 「過去からの復讐者」 The Meat Puzzle/#35
    ダッキーが半年間再現に取り組んでいた3人のバラバラ死体の身元が判明した。
    3人は10年前に殺人事件の容疑者ビンセント・ハンランを有罪に追い込んだ
     裁判官、検事、陪審員長だった。
    そして、彼を決定的に有罪としたのは、他でもないダッキーの証言だった。

第13話 「生き写しの捜査班」 Doppelganger/#36
    オペレーターが海軍下士官ディオン・ランバートとの会話中、争う物音とうめき声を聞く。
    ランバートの自宅にNCISが駆けつけると、自宅には荒らされた形跡と血痕が残されていた。
    状況証拠を分析した結果、ランバートは自らの死を偽装したことが判明。
    しかも、海軍の医療システムを開発するプログラマーであるランバートは、
     プログラムを不正に変更し、軍から大量の薬物を横領していた。

第14話 「目撃者」 Witness/#37
    水兵が絞殺されるのを目撃したという女性から通報があったが、 現場には何の形跡も無い。
    ギブスの指示により、マクギーは1人で現場へ向かい、事件性があるか調査をする。
    事件だという確かな証拠は無いものの、マクギーは自分の勘を信じ、捜査要請を出す。
    検証の結果、部屋からキース・ディロン二等兵曹の指紋が検出され、ギブスらは行方を捜す。

第15話 「テープに残った真実」 Caught On Tape/#38
    自然公園に妻や友人とキャンプに来ていた海兵隊軍曹ウィリアム・ムーアが崖から転落
    公園の景色をビデオカメラで撮影していた際に足を滑らせたものと思われていたが、
     遺体の頭部から野球のバットと思われる木片が発見される。
    さらに、カメラには彼らと言い争う酔っ払いの姿が映っていた。

第16話 「ポップスター」 Pop Life/#39
    バーテンのテイラーが目覚めると、隣で女性が死んでいた。
    遺体の身元はマンダ・キング兵曹であることが判明し、早速ギブスが聴取するが、
     テイラーは自分が家に連れ込んだのは別の女性だと主張。
    現場に残ったDNAも遺体とは別人のものだったことから、
     何者かに仕組まれた殺人であるとみて、ライバル店のイアン・ヒッチを捜査する。

第17話 「目には目を」 An Eye For An Eye/#40
    ベンジャミン・ホーラッカー二等兵曹にパラグアイのシウダー・デル・エステという場所から
     人間の眼球が届く
    ギブスの命によりトニーとケイトはホーラッカーの監視を開始するが、
     その夜、ホーラッカーは自殺してしまう。
    ギブスらは通話履歴から、彼が最後に電話した相手が諜報訓練センターの教官
     ガイマン・パーセルだったことを突き止める。

第18話 「スプリング・ブレイク」 Bikini Wax/#41
    ビキニ・コンテストに出場するはずのティファニー・ジョーダン兵曹が、トイレの中で殺された。
    ティファニーは男性誌のモデルとしても活躍するスタイル抜群の美女で、
     彼女に手紙を送り続けていたストーカーの男が容疑者として浮上する。
    しかし検視の結果、ジョーダンが妊娠していたことが判明。ギブスらは恋人の存在を探る。

第19話 「モンスターの陰謀」 Conspiracy Theory/#42
    海軍のジェシカ・スミス兵曹が自宅で兵士に襲われかけたと通報してきた。
    現場に駆けつけたギブス達は、彼女がイラクで婚約者を亡くして以来、
     精神障害にかかっていると知らされる。
    担当医のウィッテン少佐は、すべては彼女の妄想で事件性はないと主張するが、
     その夜ジェシカ・スミス兵曹が病院で首を吊り、その状況から他殺であると判断された。

第20話 「秘密クラブ」 Red Cell/#43
    大学の予備役将校訓練課程に在籍する候補生、ジョセフ・ターナー3等軍曹の遺体が発見される。
    遺体には争った痕跡があり、不可解な円形のあざが無数に残されていた。
     ターナーと親しかったブレイク兵曹も失踪しており、ギブスはターナーと敵対していた
     反戦派の学生を疑うが、 謎のハッカーから捜査を翻弄するようなメッセージが次々と届く。
    それにより、 ターナーとブレイクが属していた候補生の秘密グループの存在が明らかになる。

第21話 「英雄の真実」 Hometown Hero/#44
    イラクで戦死した衛生下士官ジャスティン・ドブスが契約する倉庫から白骨死体が発見された。
    発見者は彼の高校時代の女友達エミー・プール。
    検視の結果、遺体は同じ高校の女友達ノラ・ウェブと判明。
    ノラは2年前から失踪しており、地元警察はドブスの関与を疑っていた。

第22話 「死の口づけ」 SWAK/#45
   NCIS宛てにキスマークのついた手紙が届いた。
    喜んでトニーが開封した途端、 白い粉が舞い散り、生物テロの恐れから感染の可能性が高い
     トニーとケイトは海軍病院に隔離される。
    捜査を行う中で白い粉の正体はペスト菌の亜種で、しかもトニーが感染したことが判明。
    トニーの命を救うために、ギブスらは必死の捜査を行う。

第23話 「帰ってきた宿敵」 Twilight/#46
   2人の水兵が何者かによって射殺されているという通報にギブス達は出動する。
     現場検証を行っていたメンバーだったが、車に仕掛けられた爆弾で危うく命を落としかける。
     何者かがNCISを標的にしていると直感するギブス。
     そんな時、FBIのフォーネルが現れ、
      因縁の人物アリ・ハスワリがワシントンに戻ってきたことを告げる。
     (第2シーズン 最終回)

   







c0252958_10563984.gif
人気blogRankingに参加してます。
   ヨロシかったらポチお願いします♪







   
[PR]
by ringo-drama | 2013-03-03 11:16 | ( ̄-  ̄ ) …


<< バトルシップ ☆☆☆  NCIS 2-23 >>